工務店、顧客の創造 
受注力を高める「顧客の創造」を支援  
 
 

住まいづくりの関所

住まいづくりには3つの関所がある

−関所戦略−

”  顧客が必ず通「関所” をつくる

1.住まいを観たい時には、

⇒「総合住宅展示場」

「総合住宅展示場」にはワクワクする夢があります。

ところが、見学するごとに、次第にワクワク感が冷めてきます。

2.情報を集めたい時には、

⇒「インターネット」

今は、あらゆる情報がインターネットで得ることができます。

しかし、「情報の整理」は結構大変です。

3.住まいづくりを学びたい時には、

⇒「勉強会」

各社によって「勉強会のテーマ」はいろいろです。

参加すれば、「短時間で、テーマを深く学ぶ」ことができます。

住学教室は「勉強会」になります。

新築の需要が減少しても全く無くなるわけではありません。

「集客力」と「競合力」があれば持続可能な成長ができます。

住学教室

住まいづくりは賢くなるのが一番

「判断と選択の基本」が分かる勉強会

住まいづくりは賢くなることが一番です。

それには、情報や知識を集めることだけではなく、

賢明な「判断・選択ができる」ことがより重要です。

建築主側のベネフィット

1.「賢い、住まいづくり」が分かる

2.「賢い、条件や要望」を出せる

3.「実務」を賢く進めて行ける

工務店側のメリット

1.「顧客に出会える」

2.「顧客は離れていかない」

3.「利益率を高められる」

関所戦略

「関所戦略」とは、顧客が何かを達成するために必ず通らなければならない場所やプロセスをつくるビジネスモデルです。競争の激しい市場において利益を上げるために有効な戦略の一つです。

”関所戦略を成功させる”には、顧客側にとって関所が下記の条件が必須になります。

@.便益がある。‥‥‥‥‥‥参加することで得られる「明確なベネフィット」がある。

A.他にない。‥‥‥‥‥‥‥他社では「できないし、代用もできない」。

B.不可欠である‥‥‥‥‥‥参加しないと「目標が達せられない又は失敗や後悔をする」。

住学教室は上記の条件を全て満たしています。

意識することは「モノ&仕組み」の2つのノウハウがないと関所にはならないのです。例えば、単独住宅展示場には、総合住宅展示場ような集客の仕組みがないので関所には成り得ないのです。

”勉強会を成功させる”には、

@.「集客」をする。‥‥‥‥‥‥顧客を勉強会に集める。

A.「実務」を始められる。‥‥‥参加者と、即「実務」を始める。

この課題は特に大きな課題なので住ブレーン側が行います。具体的には「即、実務を始められる顧客を住学教室に案内します。」

 

「詳細サイト」のご案内

「住学教室」を開設してくれる工務店を募集しています。

詳細は「詳細サイト」でご覧になれます。

「詳細サイト」のご案内はこちら

「業務提携」のご案内はこちら

 

 業務案内

「住学教室」の構築業務

「集客の仕組み」の構築業務

「集客業務の代行」の業務

「コンサルティング」の業務

よくある質問

 工務店、持続可能な成長

工務店が存続し続ける

集客の創造・顧客の創造

「受注力」を高める

「存在価値」を高める

「集客力」を高める

「営業力」を高める

「提案力」を高める

 関所戦略

住まいづくりの関所

工務店の関所戦略

 詳細サイト

「詳細サイト」ご案内

「詳細サイト」閲覧

 ケーススタディ

工務店の「存続」

工務店の「集客」

工務店の「営業」

 運営

ごあいさつ

運営企業の概要

パートナー募集

実践(会員)

住学教室

集客実務

営業実務

Information

 
 

© 2013-2024   SUMAI-BUILCOM